世界平和研究

世界平和研究INDEX最新号


会員の方は をクリックすると論文の本文がお読みいただけます(会員IDが必要です)。


 バックナンバー 144号(2000冬季号)155号(2002秋季号)

 

■155号(2002年秋季号)■

巻頭言/ 長谷山 崇彦

特集:道徳教育の現状と課題
幼児期から青年期に至る道徳教育の課題 /平野 良明
韓国における青少年のための「心の教育」 /キム・ノマ

論説
大学におけるカリキュラム開発の現状と課題 /田中 義郎
テロリズムとの闘いにおける
イスラム会議機構(OIC)の役割 /モクフタール・ラマニ

投稿論文
近代韓国の平和思想研究(下)/柳 在 坤

研究ノート
教育問題とガヴァナンスを巡って /鈴木 慎一

国際報文
Technology and Resource Exchange Opportunities in the New Century:
Toward Economic Globalization of Free Trade  Takahiko Haseyama

大学情報ファイル
大学改革情報
トピック
海外大学情報


 

■154号(2002年夏季号)■

巻頭言/ 上寺 久雄

大学問題研究
大学教育の課題と展望
―授業評価の問題を中心として― /安岡 高志
高等教育のマス化―アジア太平洋地域の開発途上国が
直面する課題と戦略の選択― /イービン・ワン

研究論文
日本を再生する「教育革命」のシナリオ(下)
―21世紀の新しい大学像― /中村 忠一

投稿論文
近代韓国の平和思想研究(上)/柳 在坤

研究ノート
メルコスールの再構築とパラグアイの役割 /ラウル・アジャラ

国際報文
Free Trade and Economic Cooperration Masahisa Hayashi
A Guide to Participatory Action Research-Determining
People's Real Needs at the Grassroots Level-  M.Ashraf Hossain

資料
国際指導者会議

大学情報ファイル
大学改革情報
トピック
海外大学情報


 

■153号(2002年春季号)■

巻頭言/ 渡辺 久義

特集:21世紀・平和文化の確立
現代イスラムの潮流と日本の役割/後藤 明
宗教紛争解決への道
 ―政治と宗教の関係から― /イサク・バルデア
平和文化の確立と民主主義の役割 /ニコラス・キトリー

論説
研究論文:
日本を再生する「教育革命」のシナリオ(上)/中村 忠一
大学改革と新大学構想
―筑波大学創設時の経験を中心として― /鈴木 博雄
インターネットの危険性:
サイバー・セックス中毒と児童ポルノ /ドナ・ヒューズ

国際報文
Human Security: Concept and Issues
in Regional Development(2)        M.Ashraf Hossain

研究ノート
学校カウンセリングのあり方を求めて /岸 國男

資料
WCSF・IIFWPアセンブリ2002

大学情報ファイル
 大学改革情報
 トピック
 海外大学情報



■152号(2002年冬季号)■

巻頭言/山口 彦之

特集:大学改革シンポジウム
―大学改革に今何が求められているか― 21世紀、大学は蘇生できるか
 日本最初の大学町造りを通して  小松 隆二
 大学改革をどう進めるか ―私の大学改革論―野田 一夫

論説
 新しい世界の構築―家族と社会の視点から― J.M.サンギネッティ
 研究論文: 韓国と日本の事実婚の比較法的研究 柳 在

海外学術情報
 
「人格教育」へ転換する米国の選択(下)

国際報文
 Human Security:  Concept and Issues in Regional Development(1)   
   M. Ashraf Hossain

資料
国連とNGOに関するWANGO国際会議
アジア大学連合第3回年次総会

大学情報ファイル
 大学改革情報
 トピック
 海外大学情報

 



■151号(2001年秋季号)■

巻頭言/松井 好

特集:国際会議「文明間の対話と調和−家庭、普遍的価値、世界平和−」
 
グローバル化時代の家庭の価値  レフ・ワレサ
 人類幸福のための価値をどのように保護すべきかルイス・A.ラカジェ
 世界文明の基本要素である家庭  マカリム・ウィビソノ
 平和に向けたイスラム文明の役割 モクフタール・ラマニ

論説
 日本の東アジア政策はどうあるべきか ―新しい日米関係の視点から― 阿川 尚之
 経済・社会的観点から見た日中関係の展望 嶋倉 民生
 韓国の大学における国際理解教育 とアジア教育研究の現状 ヨン・チュンドウ

海外学術情報
 
「人格教育」へ転換する米国の選択(上)
 ヨーロッパ大学連携の現状

国際会議報告
 
パラグアイ河流域における農業と環境/今井圭子
 資料:プログラム

国際報文
 Education for Peace:
 Curriculum Development Revisited(3)/S. Suzuki

大学情報ファイル
 大学改革情報
 トピック
 海外大学情報



■150号(2001年夏季号)■

巻頭言/一瀬智司

特集:グローバル時代と大学
 「多文化主義」の危険性と価値の階層性/W.K.キルパトリック
 生涯学習時代における大学教育のあり方/一松 信
 大学教育の課題とエリート育成の必要性/林 正寿

PWPA研究報告
 高等教育についての提言(中間報告)

論説
 21世紀の中国・アジアの動向と日本/田中恭子
 アジアの新冷戦体制の行方/石田 収
 日本活性化のための方策 -多様性を容認する社会の建設- /金両基

国際報文
 Education for Peace:
 Curriculum Development Revisited(2)/S. Suzuki

大学情報ファイル
 大学改革情報
 トピック
 海外大学情報



■149号(2001年春季号)■

巻頭言/渡辺 久義

特集:第27回世界平和に関する国際会議(ICWP)
     −平和文化の建設と教育の役割―
 伝統的宗教の遺産を活用して平和文化建設を/スリン・ピトスワン
 グローバル化時代の大学改革の方向性/オスカー・スアレス
 社会学コースにおける平和のための国際理解教育/      
  R.トングソークディ ピウス・M.キモンドロ
 経済協力と平和文化の建設/林 正寿
 資料:プログラム

論説
 グローバル化の進展とアジア共同体形成への展望/グロリア・M.アロヨ
 20世紀最終年を超える世界連邦運動/荻野忠則
 平和文化の特徴と文明間の対話/セマクラ・キヌワカ

資料
 PWPA、ICUS、世界大学連合他合同会議プログラム

国際報文
 Education for Peace: Curriculum Development Revisited(1)/S. Suzuki

大学情報ファイル
 崩壊の危機に瀕する韓国・地方大学
 大学改革情報
 トピック
 海外大学情報



 

■148号(2001年冬季号)■

巻頭言/山口彦之

特集:アジアの高等教育改革
 韓国:グローバル化と国際教育交流 /シン・クックボム
 マレーシア:グローバル化と高等教育 /モハメド・サレー・ヤシン
 ベトナム:高等教育に対するグローバル化の挑戦 /グエン・ティ・アン・トゥ

論説
 「総合的な学習の時間」導入の意味とその問題点 /四方遼
 南米南部共同市場(メルコスール)の現状と今後の展望 /ロドリゲス・バエス
 大学改革の課題と大衆化路線離脱の必要性 /川成洋

第2回アジア大学連合(AUF)年次総会
 アジアの高等教育とグローバル化/石田収
 資料:プログラム  

第17回EAROPH世界計画会議
  アジア地域における持続可能な21世紀への地域開発の問題と課題/中村静夫
  資料:プログラム

国際報文
  Building Peace in the New Millennium/Suchitra Onkom

大学情報ファイル
  大学改革情報
  トピック
  海外大学情報


■147号(2000年秋季号)■
巻頭言/入江通雅

特集1
国際教育シンポジウム
「21世紀・日本の教育をどう再建するか」
教育改革への提言―その原理的考察― /田丸徳善
新しい人格教育への提言
―米国、中国、ロシアでの成果を踏まえて― /J.H・ソク
戦後日本の「民主化」と道徳教育 /杉原誠四郎
「心」を失った現代社会
―「道」(プロセス)を大切にする日本文化を見直せ― /木村治美

特集2: 高等教育再建への提言
大学・大学院教育における日米の比較 /石坂公成
米国における若手研究者育成の現状と課題
韓国・大学改革の新しい動向

論説
アイデンティティーとしてのジェンダー(下)/パトリシア・ランサ

国際報文
The Characteristics of a Culture of Peace and Dialogue Among Civilizations/
Semakula Kiwanuka

大学情報ファイル
大学改革情報
トピック
海外大学情報

■149号(2001年春季号)■

巻頭言/渡辺 久義

特集:第27回世界平和に関する国際会議(ICWP)
     −平和文化の建設と教育の役割―
 伝統的宗教の遺産を活用して平和文化建設を/スリン・ピトスワン
 グローバル化時代の大学改革の方向性/オスカー・スアレス
 社会学コースにおける平和のための国際理解教育/      
  R.トングソークディ ピウス・M.キモンドロ
 経済協力と平和文化の建設/林 正寿
 資料:プログラム

論説
 グローバル化の進展とアジア共同体形成への展望/グロリア・M.アロヨ
 20世紀最終年を超える世界連邦運動/荻野忠則
 平和文化の特徴と文明間の対話/セマクラ・キヌワカ

資料
 PWPA、ICUS、世界大学連合他合同会議プログラム

国際報文
 Education for Peace: Curriculum Development Revisited(1)/S. Suzuki

大学情報ファイル
 崩壊の危機に瀕する韓国・地方大学
 大学改革情報
 トピック
 海外大学情報


■146号(2000年夏季号)■
巻頭言/山口彦之
特集: 教育改革のビジョン
第三の教育改革と感性教育 /鈴木正幸
米国人から見た日本の教育 /ハリー・レイ
21世紀における教育改革の新パラダイム /洪一植
論説
比日文化交流から見た日本の課題 /三木睦彦
アイデンティティーとしてのジェンダー(上)/パトリシア・ランサ
国際報文
The Blessings and Challenges of Globalization /Daniel T. Griswold
大学情報ファイル
人種的多様性は重要か? 大学における多様性に関する三つの研究
北京大学、ソウル大学、東京大学の交流計画(べセット大学計画)
大学改革情報
トピック
海外大学情報


■145号(2000年春季号)■
巻頭言/渡辺久義
特集: アジアにおける大学ネットワーク
21世紀における高等教育 −大学ネットワークへの取り組み− /李京俊
大学ネットワーク化の必要性 −ある私的考察− /S.サルバドール
ネットワークとグローバル化−台湾の大学の場合− /李本京
大学院を中心とするネットワーク構想 /谷口 博
論説
米国の大学制度から学ぶ /加藤和光
米国の中等教育における生徒指導の現状 /加藤十八
政治・経済システムにおけるパラダイムシフトの必要性 /O.Y.ホック
第8回PWPA世界会議
グローバル化と世界各地域の課題 /菅野英機
家族の未来―スウェーデン・モデルの教訓― /アラン・C・カールソン
Profits and Prophets: The Global Economy and the Erosion of the Family/Elizabeth Fox-Genovese
資料:プログラム
資料:ICUSプログラム
国際報文
Globalization in the United States of America/Robert P. Maine


■144号(2000年冬季号)■
●巻頭言/山口彦之
●特集: PWPA創立25周年記念国際シンポジウム
    「21世紀を拓く大学改革の展望―世界の現状と日本の課題―」
日本における大学改革への提言 /西澤潤一
21世紀への大学改革のビジョン −米国の経験と日本への提言―
  /R.ルーベンスティーン
大学改革の世界的課題とフィリピンの挑戦/A.ゴンザレス
韓国における大学改革の新たな試み−大学レベルでの人格教育開発− /李京俊
コメント:大学は社会の良心 /朴興淳
コメント:ナショナル・アイデンティティーの確立が急務/加藤栄一
●論説
少子化時代の大学改革の方向性 /中村忠一
朝鮮半島をめぐる国際情勢と統一へのシナリオ/井上茂信
The Role of the Asian Family in Political and Economic Integration/Takahiko Haseyama
●世界平和に関するアジア会議(ACWP)レポート
会議の概要 /エリアス・T・ソリヤ
アジアにおける新国際政治経済秩序/西村文夫
アジアの大学間ネットワークの展開/谷口博
資料:プログラム
●第2回パンタナールの環境保全と持続可能な開発に関する世界会議
環境保全と「戦略計画」具体化に向けて /山本彰
サンクチュアリーの設定による調和のとれた開発の提言/岸本修
資料:プログラム