世界平和研究

世界平和研究INDEX最新号


会員の方は をクリックすると論文の本文がお読みいただけます(会員IDが必要です)。


 バックナンバー 188号(2011冬季号)〜195号(2012秋季号)

■195号(2012年秋季号)■  
   

21ポスト・フクシマの課題とビジョン

 

福島原発事故の教訓と10年後を見据えた国家戦略
 ―科学リテラシーの視点から

 新田義孝

   

スピリチュアリティの時代─歴史と現在

 

スピリチュアル時代を開く

加藤栄一

火と水の鎮魂譜
 ―原始的霊性との共鳴と照応

土肥貞之

   

論説

 

所有権の誕生と現代における「入会」(コモンズ)の再評価

 加藤雅信

   

地域研究

 

エジプトの国民統合と宗教の役割

 久山宗彦

独裁的中央集権国家の限界と中国共産党体制の今後

黄 文雄

北朝鮮の経済改革の行方と中朝関係

宮塚利雄

   
■194号(2012年夏季号)■  
   

21世紀日本のビジョン

 

膨張する中国とどう向き合うか

 渡辺利夫

   

論説

 

福島原発事故から何を学ぶか
 ―民間事故調査委員会に参加して

遠藤哲也

政治経済システムの転換と新しいリーダー像

 石井貫太郎

   

東アジア研究

 

中国人の思考・行動原理
 ―政治改革を阻む匪賊原理

 金 文学

金正日後の朝鮮半島情勢と中国の工作

 洪 熒

   

視点

 

シンクタンクとしてのPWPAの特色と当面の研究課題

加藤栄一

   

学術情報

 

果樹剪定の適正範囲推定法の発見
 ―評価の客観性確保への一歩

 岸本 修

   
■193号(2012年春季号)■  
   

海の安全保障と日本の海洋戦略

 

海洋国家の外交戦略
 —太平洋同盟を軸として

 谷内正太郎

世界における農産物自由貿易の意義と日本の食糧問題の行方

伊藤正一

沖縄基地問題から見た海洋国家日本の安全保障

 橋下晃和

   

中国研究

 

台湾総統選後の両岸関係と中国の動向

 石田 収

中国の宇宙戦略と日本の対応
 —戦略的な宇宙外交の推進を

 稗田浩雄

   

論説

 

カナダの緊急事態法制に学ぶ

 富井幸雄

   

視点

 

マタギ文化が現代に問いかけるもの

 田口洋美

   
■192号(2012年冬季号)■  
   

海の安全保障と日本の海洋戦略

 

日本の海洋安全保障
 —手薄な国境の島をどう管理するか

 山田吉彦

国際法と日本の海洋戦略

 安保公人

   

中国研究

 

中国の弱点

加藤栄一

中国の伝統に見る戦略思想

 蜂屋邦夫

   

視点

 

日本の伝統と21世紀をどう生きるか

 千 玄室

脚光を浴びる親日国ミャンマー

 山口洋一

   

論説

 

歪んだ日本人の宗教観はいかに形成されたか

 保坂俊司

日本のコメ政策年代記をひもとく

山口彦之

   
■191号(2011年秋季号)■  
   

巻頭インタビュー

 

復権する宗教と国際政治への影響

 上野景文

   

中国の海洋戦略と日本の対応

 

中国の海軍戦略と日本の安全保障

 茅原郁生

海洋強国を目指す中国の「青い領土戦略」

 石田 収

   

論説

 

日中異文化理解のために
 —儒教思想からのアプローチ

 王 敏

東日本大震災の教訓と日本の再生
 —防衛・防災関係論の視点・論点から

前川 清

日本的霊性との邂逅記
 —安らぎの灯、命の水を求めて

 土肥貞之

   

視点

 

学際研究の発展及び対中国戦略と思想の形成
 —PWPAの二つの使命

加藤栄一

   

学術情報

 

放射線の健康・農業・環境への影響

山口彦之

   
■190号(2011年夏季号)■  
   

転換点に立つ日本の安全保障政策

 

膨張する中国と日米同盟

 谷口智彦

米国から見た日本の安全保障政策

 太田文雄

海洋国家日本の安全保障戦略

 西川吉光

   

論説

 

21世紀をどう生きるか
 —国民国家の限界とグローバル・ガバナンス

小林道憲

アジアへの視点

 湯下博之

   

海外学術情報

 

新日韓連帯の象徴としての日韓トンネル・プロジェクト

李 元徳

   

投稿論文

 

東日本大震災と原子力発電およびこれからの日本のエネルギー・システム
 —脳の情報処理よりみた次期社会の総合システム

川口勝之

   
■189号(2011年春季号)■  
   

迷走する日本の諸課題

 

家庭解体を狙う民主党の子ども・家庭政策
 —政策の背景にマルクス・レーニン主義

 八木秀次

縮小社会の成長戦略と貿易自由化の意義

 阿部一知

   

論説

 

北朝鮮の現況と日本の対応

 遠藤哲也

生物学から見た「死」のある意味
 —利他的な遺伝子の役割

 田沼靖一

   

視点

 

直面する日本の諸課題をどう解決するか

加藤栄一

リスク危機管理の面から見た福島原発事故の課題と教訓

 宮林正恭

多胡郡設立1300年と渡来人

菅野英機

   

学術情報

 

東アジアの平和実現と日韓トンネル構想の意義
 —国際政治の観点から

金 成浩

転換しつつある合理/不合理の感覚
 —何が科学の健全な基礎なのか?科学の袋小路を打開する統一思想

渡辺久義

   
■188号(2011年冬季号)■  
   

日本変革のビジョン

 

市場開放と日本の農業強化戦略
 —オランダ・モデルに学ぶ

 川島博之

マクロプロジェクトによる日本社会の活性化

 新田義孝

21世紀日本の安全保障を診る
 —研究者の所感と提案

長谷山崇彦

政治的リーダーシップとは何か?

 石井貫太郎

   

地域研究

 

ローカル・イニシアティブの時代
 —アセアンからみた北東アジアの地域統合

 佐渡友哲

歴史にみる自由で平等の国ミャンマー

 山口洋一

   

信教の自由とカルト

 

国際人権保障システムと信教の自由

 安藤仁介

現代日本の「カルト観」を問う

 添石茂人

   

投稿論文

 

量の生産より質の生産へ、集中化より分散化へ(Ⅲ)
 —脳の情報処理よりみた次期社会の総合システム

 川口勝之