日本中世史の一風景:武士とはだれか−武士の発生と貴族―

安達史人(武蔵野美術大学元講師)

保守思想とアメリカ政治の現在− ポピュリズムとの相克 −

会田弘継(青山学院大学教授)

貧困の社会学:深刻化する現代の貧困問題と社会保障制度の課題(1)

山口彦之(東京大学名誉教授)

21世紀のキャリアデザインとしての「ライフテーマ」の意義

水野修次郎(立正大学特任教授)

子どもの貧困対策をどう考えるか―「貧困の定義」と今後の課題

池谷和子(長崎大学准教授)

大学の教育研究に欠かせない宗教への考え方

谷口 博(北海道大学名誉教授)

バブル崩壊から20年―失ったものと得たもの

山口彦之(東京大学名誉教授)

文化大革命発動50周年を振り返って

楊 海英(静岡大学教授)

宗教多元主義と異宗教コミュニケーション―遠藤周作『深い河』を中心に

永田正治(歴史研究家)

欧州の移民・難民とテロ問題

羽場 久美子(青山学院大学教授)

われわれはどういう世界に生きているのか?

渡辺久義(京都大学名誉教授)

多民族共生社会の実現を目指して

山口彦之(東京大学名誉教授)

歴史的・宗教的背景から見たシリア内戦の行方

天江喜七郎(元駐シリア大使)

宗教の復権と異宗教コミュニケーション

永田正治(歴史研究家)

21世紀型社会経済システムと地方創生の視点―仏教思想からの提言

武井 昭(高崎経済大学名誉教授)

私感・死生学(生死学)概論

真木正博(秋田大学名誉教授)

22世紀の夢を語る―日本再生と真の平和世界実現への青写真

佐久田昌昭(日本大学名誉教授)

悪の位相に関する若干の省察

土肥貞之(宗教学者・般若游神会先達)

多様性の中の共存―「共創」と「共成」

小林道憲(福井大学元教授)

宇宙論と宗教の対話―実存的霊性と祈りをめぐって―

土肥貞之(宗教学者・般若游神会先達)

ポスト産業文明のビジョン

小金芳弘(経済評論家)

火と水の鎮魂譜―原始的霊性との共鳴と照応―

土肥貞之(宗教学者/般若游神会先達)

スピリチュアル時代を開く

加藤栄一(筑波大学名誉教授)

21世紀をどう生きるか
―国民国家の限界とグローバル・ガバナンス

小林道憲(麗澤大学客員教授)

転換しつつある合理/不合理の感覚:何が科学の健全な基礎なのか
―科学の袋小路を打開する統一思想―

渡辺久義(京都大学名誉教授)

多胡郡設立1300年と渡来人

菅野英機(日本民俗経済学会理事長)

21世紀草の根民主主義のビジョン

秋成春(韓国・生活政治アカデミー院長/済州文化放送元社長)

北東アジア時代の開幕と韓日関係の新パラダイム

黄善祚(生活政治アカデミー理事長)

ユダヤ教からみた平和の根源

前島誠(ユダヤ教研究者)

韓国社会の基本的人間関係「ウリ」

森下喜一(鳥取大学元教授)

人を誤らせる思考枠

渡辺久義(京都大学名誉教授)